ハワイ旅行 もっと満喫!もっと楽しく! > ハワイと日本 どちらで両替したほうがいいの?

【ハワイと日本 どちらで両替したほうがいいの?】 の記事一覧



ハワイと日本 どちらで両替したほうがいいの?



夏休みの海外旅行も最盛期ですね。
今年は、航空料金や宿泊料金の値上がりもあり、日本円をドルに交換(両替)するレートも気になります。

ハワイと日本、どちらで両替をするのが得なんでしょうか?
ドル紙幣2.jpg ずばり結論は、USドルは日本で両替をしたほうがお徳です。
ちょっと外貨交換(両替)の仕組みについてお話します。
外貨両替の基準は、金融機関が市場の為替の値動きから毎日決める「中値=TTMレート」で換算されます。
例えば、ある日本の銀行が、今日のUSドルのTTMレートが1ドル=109円94銭と表示をしていたら、日本円1万円が90ドル95セントになるということです。

ここで注意です。
実際に受け取れるドルは、銀行ごとに設定している 為替手数料が差し引かれた残りです。
つまり、上の計算で言う、90ドル95セントよりは少なくなるということなんです。
日本の都市銀行の場合、USドルの為替手数料は、中値=TTMレートの2.4%程度。
つまり、1ドル=109円94銭としたら、2円63銭の為替手数料がかかるということになります。

さて、話を元に戻すと、何故、USドルは日本で両替したほうがいいのか?
単純にこの為替手数料が、ハワイのほうが高いからです

さらに、ハワイで両替をする場合、ホテルにも街中の銀行でも、空港でもパスポートがあれば両替ができますが、それぞれの場所でレートも違えば、手数料も異なります。
最近では、どこで両替をするのが得か?という情報は、ホテルのコンシェルジェや日本の旅行代理店に聞けば教えてくれますが、往々にして、両替は急に必要なもの。多くは、高い手数料で両替をしてしまいがちです。

さらに、現金より得なのは「T/C」(トラベラーズチェック)です。TC.jpg
円・ドルの換算レートが現金より有利なのに加えて、もし、紛失したり盗まれたりした場合再発行してもらえるからです。

ハワイの中では、ほとんどの場所でT/Cが使えるので便利です。
このT/Cも日本で購入しておくほうが便利です。
ただし、T/Cは購入額の1%または、千円の手数料がかかりますので小額については不利です。
また、使い残した場合は、売って日本円に買えることもできますので、ハワイではT/Cの利用がベストです。

★楽天で最安値!海外旅行の必需品!便利なT/Cや長い航空券が入るお財布&ポーチ★

タグ:両替 T/C
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。