ハワイ旅行 もっと満喫!もっと楽しく! > ハワイ旅行!個人手配で行ってみる!

【ハワイ旅行!個人手配で行ってみる!】 の記事一覧



ハワイ旅行!個人手配で行ってみる!

個人手配旅行でハワイに行く

ハワイで1週間以上の滞在を考えているのなら個人手配も
検討してみる価値があります。
 
 
個人手配の場合、
・まず、何月何日に出発して何月何日に帰ってくるか
・そのスケジュールでの航空券の手配
・そのスケジュールでの、ホテルやコンドミニアムの手配
という順序ですすめればいいと思います。


個人手配の場合の航空券の予約です。
ハワイ芝生と太陽.jpg 航空券の手配には
1.海外発券
2.航空会社のペックス料金
  3.格安航空券 
の3つがあると思います。

 
わたしの場合は正規の海外発券で購入することが多いのですが、
これは一般的ではなくルールの説明も難しいです。

その次に多いのがインターネットでの「格安航空券」ですが、
実はJALのマイルをためているので、正規の海外発券か航空会社のペックス
料金を利用することが最近では多くなっています。
そのほうが、格安航空券と違って、席やその他、予約時にリクエストが
可能になるのと、成田空港でのラウンジの使用ができるので便利です。


もちろん、格安航空券でも、航空会社によっては素敵なラウンジが
使えることもあります。

格安航空券は、インターネットのサイトが充実していて、使い方も簡単ですので
ここでは「ペックス料金」について紹介します。

 
ペックス料金とは正規の割引運賃のことです。
格安航空券よりは高いですがキャンセル料が比較的安く、
発券前は変更がききます。
予約が確実にとれ事前のリクエストもできるので決まった日に
絶対に行きたい方には安心です。
 
 
時期によってその価格が変動するので航空会社のホームページで
こまめにチェックするといいと思います。
 
ペックス料金はその変動幅が格安航空券より小さいのでピークシーズンには
格安航空券との料金差が少なくなっています。

 
また日本の航空会社はペックス料金よりかなり安いスペシャル運賃
を閑散期に設定していますので日程が合えば利用の価値大です。


次に、ホテルやコンドミニアムを個人で手配する方法です。


コンドミニアムの場合、日本のツアーなどに組まれているのと
同じ物件が個人手配でもっと安い料金で借りられることがあります。


この場合コンドミニアムに宿泊するというより「借りる」という形
になります。1週間ぐらいから借りられる物件があり、当然
同じ部屋でも1週間より一ヶ月借りるほうが1日あたりの料金
が安いのです。

 
ハワイでは1つの物件の中でそれぞれオーナーが違い、
当然その管理会社もオーナーが個別に選択するのです。
つまりある管理会社は○○階の○○号室と○○階の○○号室
を管理していて、また別の会社は別の部屋を管理していると
いう具合です。
 
 
たとえばワイキキ・バニアンというコンドミニアムであれば
ハワイビーチ.jpg 1階にフロントがありますが、
このフロントはツアーなどで宿泊している方たちのためにあり
別の管理会社経由で部屋を借りた人たちは利用することが
できません。
 
 
でも、館内の施設は全て利用することができ、すでに何回か
ハワイに訪れているのであればフロントを利用できないことに
何の障害も感じなくなるはずです。
 
 
シーツ交換や部屋の掃除は週に1〜2度ですが(別途料金が必要)
さしあたって問題はありません。
 
 
こういう中・長期のコンドミニアムのレンタルは日本で予約できる
ところもあります。
が、少し英語力が必要ですが現地の管理会社で直接申し込むことを
お勧めします。かなり、料金が安くなります。


初めて行くときは、日本で予約していくことが必要ですが、
そのときに、現地で日本から電話やメールで予約できる
ところをあたっておいて、2回目からはそのコンドミニアムを
日本から予約すれば、現地で予約したのと同じ料金にしてくれます。


ホテルなどで、そんな現地の会社を教えてくれといえば
大体、そのホテルの系列のコンドミニアムの管理会社を
紹介してくれます。

 
2〜3週間滞在できるようであれば、コンドミニアムをレンタルして
ハワイのスローライフを満喫!なんていうのもお勧めです。
 
オン・ザ・ビーチのホテルで感じることの幸せとは反対の幸せを
同じぐらい感じることができるんじゃないかなと思います。

ハワイ虹.jpg  
成田発ハワイ
いい旅もっとおトクに…てるみくらぶ
海外航空券は"空丸"ポイント最大20%♪
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。