ハワイ旅行 もっと満喫!もっと楽しく! > 時差の克服にチャレンジ!

【時差の克服にチャレンジ!】 の記事一覧



ハワイと日本の時差を克服しよう!

【ハワイと日本の時差】
ハワイの現地時間は日本時間から−(マイナス)19時間です。
当然到着時の朝は本来なら夜中になるので非常に眠い状態です。
でも、飛行機の中でしっかり眠っていくと、意外と眠くなかったり。
このページでは、時差を克服するコツをお伝えします。

  よく「時差のせいでハワイが満喫できなかった!」
というとうな声を聞くことがあります。
  実はわたしもハワイの時差が苦手です。

  もしもアーリーチェックインをして9時頃にチェックインできたとしたら
「日本時間ならまだ4時だから少し寝ておこう」という方がいるかもしれません。
また少し行動したものの眠くて午後にお昼ねをする方も案外いらっしゃるようです。
 
いままでの経験上一番効果のあった方法は
「少なくとも夜8時以前は絶対に寝ない」という方法でした。

  日中に睡眠をとってしまうと夜なかなか眠れません。
「眠くないときに眠る」のと「眠いときに起きている」のとどちらが難しいか?
というと「眠くないときに眠る」ほど大変なことはありません。

もしも初日に日付がかわっても起きていたとしたら
わたしの経験上、翌日は朝起きられないか、その日寝不足で冴えないかのどちらかです。

  ハワイを満喫するにはハワイに着いたら、まず時計を現地時間に合わせるように
体も現地時間にスイッチすることが最も重要だと思います。

<着いた初日が肝心>
  肝心なのは、着いた初日に無理やりでも体をスイッチすること。
では初日に昼間に寝ずに、夜まで起きているためにどうすればたやすいか?
これには2つポイントがあります。

  1つ目はまず飛行機の中でじっくり眠ることです。
音と窮屈さでなかなか眠れないと思いますが、
睡眠薬を飲んででも寝ることです。
これで少しは初日の寝不足解消になります。

ハワイ時差.jpg   ハワイの場合往きは気流に乗って飛ぶため
その飛行時間は帰りより短くて7〜8時間です。
(地域により若干の差があります。)

通常ハワイ行きの場合搭乗後1時間ほどで
夕食がサービスされますので
その食後早いうち、遅くとも搭乗後2時間
ぐらいまでにねむることができると
翌日がずいぶん楽です。

  2つ目は着いた初日は、夜まであまりホテルの
部屋にいないようにすること。
つまり外で行動しつづけることです。
部屋に長くいるとどうしても眠ってしまいそうに
なるのでとにかく出かけます。

  わたしの場合はホノルルに着いたらまずレンタカー
を借りてワイケレプレミアムアウトレットへ直行です。
ワイケレはホノルル空港からワイキキとは反対方向に
10kmほど走ったところにあり15分もあれば到着です。

  午前中はここで過ごしお昼を食べてからワイキキに向かい
チェックインします。
チェックインが済んだら荷物を整理してそこからダイエーに
買出しに行きます。

  ダイエーから帰ってくると時間もだいたい夕方頃になるのですが、
そのときにベットに少し横になると、ほぼ確実に寝てしまいますので要注意!
ここを乗り切るには、食料品の整理が済んだらすぐに出かけることです。
街をブラブラ適当にショッピング&散歩です。

  私はこの方法で夜にぐっすり眠ります。そうすると、翌日気分爽快に目覚めています。


タグ:時差
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。